Installation

ここには、TSplusRemote Supportのインストールと構成に関するすべての重要な情報があります。

セットアップファイルをダウンロードします(初めてのユーザー向けの無料トライアルが含まれています)。

TSplusRemote Supportソフトウェア
Installation TSplusRemote Supportソフトウェア

「サーバー」サイトの要件

  • TSplus Remote Supportサーバーは、64ビット版のWindowsコンピューターおよびサーバーにのみインストールできます。
  • TSplus Remote Supportは、次のOSと互換性があります。Windows7からWindows 10まで、サーバー2008、2012、2016、および2019。
  • .NET Frameworkが、最小バージョン4.5.2でインストールされている必要があります

「クライアント」サイトの要件

  • TSplus Remote Supportクライアントは、32ビット版と64ビット版のWindowsコンピューターの両方で実行されます。
スクリーンショットのインストールRemote Support

TSPLUSリモートサポートをインストールする

インストールプロセスは簡単で、構成も簡単です。 Setup-TSplus-RemoteSupport.exeプログラムを実行するだけです  Windowsマシンで  Remote Supportサーバーとして使用することを選択しました。このセットアップは管理者として実行する必要があることに注意してください。

簡単なインストールセットアッププログラムに従います。デフォルトでは、Remote Supportサーバーは標準のHTTPSで保護されたWebポートであるポート443でリッスンします。このインストール中に変更できます。ドメイン名を選択することもできます。 TSplusRemote Supportをインストールするコンピューターに対応する名前を設定することをお勧めします。 ドメイン名として「localhost」を入力すると、TSplusRemote Supportを直接テストできることに注意してください。 

[完了]をクリックすると、Remote Supportインターフェイスを起動して構成する準備が整います。

リモートサポートWebインターフェイス

デスクトップに作成されたショートカットをクリックして、TSplusRemote Supportを起動します。

サーバー構成を管理するには、最初にRemote Support管理者アカウントを構成する必要があります。 Webポータルで管理者情報を入力し、[登録]をクリックします。サポートセッション中にエンドユーザーに表示されるロゴまたはバナーをカスタマイズしたり、より詳細な設定を設定したりすることもできます。

これで、エージェントアカウントを作成する準備が整いました。 TSplusの試用版Remote Supportでは、5つのエージェントを追加できます。クリック 新しいエージェントを追加する そして、各エージェントの詳細を入力します。

(詳細については、各ホットスポットをクリックしてください)

スクリーンショットRemote Support-エージェントの管理 1

管理者アカウントを作成し、サーバー設定を設定します

2

エージェントの管理:追加、編集、または削除

3

リモートコンピュータを管理し、画面共有の直接リンクを生成します

4

新しいエージェントを追加します

5

選択したエージェントを削除します

6

アバター

7

ユーザー名

8

Eamilアドレス

9

名前名字

10

タイトル(役割)

11

ナメクジ(ニックネーム)

Remote Supportエージェントインターフェイス-セッションの共有
Remote Supportクライアントインターフェイス-

サポートエージェントのWebインターフェイス

  • ログインすると、エージェントはエンドユーザーとの利用可能なリモートセッションのリストによって迎えられます
  • 彼らは簡単にリンクを生成して、顧客にリモートコンピュータを共有するように勧めることができます
  • サポートなどの情報 チケット番号とエンドユーザー名 カスタムURLにすばやく埋め込むことができます。
  • エージェントは、から独自のアカウント設定をカスタマイズすることもできます。 「こんにちは、エージェント名」ボタン 次に、ページの右上隅にある[設定]メニュー項目:名前、電子メール、タイトル、およびパスワード。
  • エンドユーザーがリンクをクリックして接続の準備ができると、サポートエージェントのインターフェイスに情報が表示されます。
  • エージェントは、をクリックしてセッション共有を開始するだけです。 "接続"

エンドユーザーのWebインターフェイス

お客様は、サポートエージェントから提供されたURLにアクセスして、画面を共有します。リンクをクリックすると、エンドユーザーはインストールするように求められます

TSplus Remote Supportクライアント(小さなブラウザプラグイン)

クリックしたら 「画面を共有する」 ユーザーは、セッションを開始する前に自分の名前を入力する必要があります。サポートエージェントのチャットボックスが画面に表示されます。このチャットボックスを閉じると、Remote Supportセッションが自動的に終了します。

エンドユーザーのセッションとトラブルシューティングを共同で管理します

ユーザーが接続を許可すると、エージェントはエージェントインターフェイスからエンドユーザーのデスクトップセッションに接続できるようになります。複数のエージェントが同じリモートコンピューターに接続できるため、彼は独立してまたは集合的に制御とトラブルシューティングを行うことができます。

Agent Chat Boxは、エンドユーザーと通信するための単なる方法ではありません。これには、ユーザーのOSとハードウェア、コマンドの送信、モニター表示の変更(複数のモニターの場合)、クリップボード同期の有効化などの重要な情報と機能が含まれています。

フル機能のトライアル(15日間、5エージェント)をダウンロードして、今すぐ無料でテストしてください。

インストールガイド 無料トライアル 今買う
Remote Supportエージェントインターフェイス-クライアント情報 1

エンドユーザーとリモートコンピューターの情報

2

Chat、ファイルの共有、他のエージェントとのコラボレーション

3

チャットボックスを閉じてセッションを終了します